北京オリンピックは成功するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、もう数日もすれば、北京オリンピックが開幕します。そう。スポーツで勝敗を競う、記録を競う4年に一度のオリンピックで す。
 そのために、度重なるトレーニングに励んできた各国の選手は待ち遠しいことでしょう。日本国内でも、家電量販店では、オリンピックに向け、セールの大合唱が巻き起こっています。「オリンピックを大きな画面で、高画質で、迫力満点な大音響で楽しもう!」「記念すべき、オリンピックを高画質で高音質で、そして、長時間、録画しよう!」といったうたい文句が、家電量販店では大騒ぎになっています。

 しかし、そうはいっても、オリンピックという大イベントを行なうことは、すごく大変なものです。
 まずは、オリンピック誘致を誘い込まなければいけません。その条件には数々の課題をクリアしなければいけないでしょう。そして、会場を整備。交通システム等も整えなければいけません。しかし、それだけではありません。
 セキュリティーの問題も絡んできます。

 いくつかの要素、条件がクリアできて、ようやく、イベントを開催し、終了することができるのです。

 さて、本題に入ります。タイトルからも分かるとおり、「北京オリンピックは成功するのか?」ということです。
 みなさんはどうでしょう?成功すると思いますか?

 これまでの経緯でもいくつか不安要素は挙げられます。中国による人権問題や倫理の問題、環境問題等、いろんな要素が不安要素に入っています。例えば、チベット問題。
 四川大地震が発生してからというもの、北京オリンピックは成功するだろうと思っていました。なぜなら、確かに、人権問題や倫理問題、そして、環境問題等、それらの問題が深刻な状況でありました。これは問題です。しかし、そんな中、四川大地震が発生して、流れは大きく変わりました。これまでの批判が一斉に小さくなったのです。もちろん、問題としてありますが、状況がそれを許さないような状況になってしまったのです。
 そういったことで、北京オリンピックは成功するのではないかと思ったわけです。

 しかし、その後の経緯は、やはり、レールの上をなかなかうまく走ってくれません。
 最近では、中国でテロが発生したことはご存知でしょう。これは深刻な状況で、さらに、こういった大イベント前となれば、致命的な状況であることでしょう。テロを受けて、対テロ対策の行方はどうなっていくのか。その対策は抑圧体制に火をつけてしまうのか。
 成功と言う可能性が少なくなっていくと同時に、いくつか、疑問も生じています。詳しいことはわかりませんし、単なる疑問でもあるので、これを読む方は話半分で読んでください。

 北京オリンピックに向けて、オリンピックで使用する建築物が急ピッチで、建設されていきました。正直、この経緯をテレビ等でちょこちょこと見たり、読んだりしたところ、どこか本当に安全なのだろうかと考えるのです。
 何もトラブルがなければいいのですが。もし、大きなトラブルがあれば、致命傷になりかねないでしょう。もし、建物が崩壊するといった大惨事が発生すれば、失敗になるでしょう。
 大気汚染の問題もあり、人々の体の問題もあります。

 メディアの騒ぎすぎだけでしたらいいのですが、果たして、現実はどうでしょうか?

 こういった不安要素から、北京オリンピックは成功するのか、正直、わかりません。しかし、そういったプラス面とマイナス面を考えると、成功するのはかなり難しいものになってくると感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)