クラスター爆弾問題が前進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラスター爆弾による不発弾問題が前に進もうとしている。
 その不発弾が住民たちに大きな害を与えており、その影響はバカにできない。

 地雷を禁止する訴えが、クラスター爆弾にもつながった。そして、今、世界を動かそうとしています。
 日本は当初、クラスター爆弾は保持の構えだったのに対し、クラスター爆弾禁止への態度えと転換させた。
 このように、クラスター爆弾問題が前に進もうとしているのだ。
 クラスター爆弾だけが問題ではなく、劣化ウラン弾もといった問題もあり、数々の問題を抱える現在、少しずつであるが、前に進んでいるようだ。

「STOPクラスター 日本外交 新たな活路 禁止条約批准決定 NGO主導に協力」
(毎日新聞 2009年6月11日(木))

 「不発弾が市民を殺傷しているクラスター爆弾の使用や保有を禁止する『クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)批准案』」が2009年6月10日、参院で可決され、批准が決まった。
 「廃棄への模索は始まったばかりで、在日米軍の保有弾との整合性など残された課題も多い」。
 「地雷は核や生物化学兵器と違い、自衛隊が使用を想定する兵器だったため、禁止条約の批准には反響があまりに大きかった」。
 「今回のオスロ条約については『地雷禁止の時の学習プロセスがあり、防衛を担う側の人道的観点への理解が進んだ』と政府として落ち着いた対応だったとみる」。

 当然、クラスター爆弾の問題だけでなく、他の問題もある。
 「軍縮分野ではオバマ米大統領が核廃絶を究極の目標として唱えているほか、兵器用核分裂性物質生産禁止(カットオフ)条約の交渉にも積極的」である。
 「市民主導の軍縮条約としては劣化ウラン弾が次の対象とも言われ、サイバー戦争やバイオテク兵器などの規制も注目される」。

「STOPクラスター 軍縮、米の理解が課題 爆弾廃棄 方法・費用手探り」
(毎日新聞 2009年6月11日(木))

 明るい材料として「米国は2018年以降は不発率1%超の同爆弾は使用しないことを決定」。オバマ米大統領は2009年3月、「不発率の高い同爆弾の輸出禁止条項を盛り込んだ予算案に署名するなど、規制には一定の理解を持っている」。

 日本では「防衛省はノウハウがない中、手探りで廃棄方法にちいて調査を始めている」。「現在、クラスター爆弾を4種類(計約276億円分)保有」。「クラスター爆弾を条約発効後8年以内に全廃する政府方針を受け」、2009年度「予算に廃棄方法の調査費2億円を計上した」。
 「廃棄計画を担当する艦船武器課によると、廃棄作業は国内の爆弾・火薬製造会社に委託することを想定する」。
 少しずつであるが、クラスター全廃への道を進んでいる。

 「クラスター爆弾は内部に数個から数百個の子爆弾を抱える複雑な構造」で、「起爆装置である信管は子爆弾ごとに付いている」。「信管、火薬などを安全性を最優先にして分解する手順を見つけ、処理するには時間と多額の費用がかかるとみられる」。「同課は『8年以内は大目標だが、それより早くできるかどうかは調査を終えてみないと分からない』」としている。
 どれもそうだが、廃棄する場合が大変である。

「STOPクラスター 第16部 批准への奔流 上 軍縮への思い結実 非核で先行のメキシコ 独、英でも動き加速」
(毎日新聞 2009年6月11日(木))

 クラスター爆弾の不発弾問題が動いている。
 「英外務省は『批准を可能な限り早急に実現するため法案作りを進めている』と話す」。「英軍は条約の内容を前倒しし、現存するすべてのクラスター爆弾を現場から引き揚げ、破壊する計画の下に置いた」。
 「批准への国内手続きを8日に終えたドイツも、昨年から即時使用停止を前倒し実施」。「01年から順次取り組む廃棄に要する費用を約4000万ユーロ(約52億円)とはじき準備する」。
 「クシュネル仏外相は09年内の批准を公約」しており、「最高裁が条約と国内法と食い違いがないか調査中で、議会の承認を経て批准する運びだ」という。

 「今年3月のメキシコ上院」では、「クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)批准案の審議中、議員から、条約を支持する声が次々と上がった」。
 「上院は同月、批准案を可決」。「5月6日に米ニューヨークの国連本部で批准書を寄託し、メキシコは世界で5番目の批准国になった」。
 「中南米諸国は1967年に世界初の核兵器禁止条約を締結」した。「現在33ヵ国が加盟する条約は、署名式が行われたメキシコ市の地名から『トラテロルコ条約』と呼ばれる」。「80年代の中米紛争ではメキシコが各国内戦の和平に尽力し」ており、「メキシコが和平協議の場になることも多かった」。「この経験が平和と軍縮の外交方針を定着させ、条約批准の原動力となった」。
 メキシコの新たな1面を見た。

参考記事

・「【毎日社説】自分の家計も危ういくせにボランティアか(嘲)」/サラリーマンやってる猫の一匹集会所
・「クラスター爆弾全面禁止条約、日本は拒絶せよ!」/すがすが日記
・「クラスター爆弾」/The only one earth

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)