温暖化はいったい(From 週刊新潮)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本を襲う「テポドン」15の謎」

 テポドンの「推進燃料として利用されている『ヒドラジン』」は、「有毒物質」で「人体への影響と地表の汚染」が深刻である。

 「ロシアや中国などの共産圏で今も使われているロケット燃料」という。その燃料の特性として、「他の燃料に比べて同じ分量ならば最も強い推進力を得られる物質」で、「アンモニア臭のする無色透明の液体」であるが、「空気に触れるとすぐに発煙するほど揮発性が高く、燃焼力が格段に強い」という。
 つまり、「ロケットには持ってこいの燃料」であるが、「とにかく有毒性が高く、扱いにくい」というのだ。「そのため、西側諸国はすでにロケット燃料を液体酸素や液体水素に切り替え、今もヒドラジンを使っている国はないはず」だという。

 そのデメリットは深刻で、「たった0.1ミリグラムを吸い込んだだけで死亡する劇物」であるという。そのため「取扱には特殊な化学防護服が欠かせないが、ブースターを切り離して、落下させる時にも燃え残りが大気中へと飛散し、その結果、地表を汚染して、周辺住民に重篤な健康を与える」ぐらい危険な物質だというのだ。

日本ルネッサンス 第357回
「温暖化はCO₂の所為ではない」
櫻井よしこ

 「地球の気候変動を大きな枠でとらえることが大事」である。
 「これまで地球は大体10万年単位の氷河期を4度繰り返してきた」という。「私たちは現在、間氷期に生きているのですが、その間にも地球は小規模の温暖化と寒冷化を繰り返し」ているわけだという。「現在の温暖化は1800年ごろから始まったもので、その前の約400年間の寒冷化(小氷河期)からの回復期に当たると考えられる」そうだ。
 「1800年以降今日まで、100年で摂氏0.5度の気温上昇が起きてきた」という。「これが今も続く大枠での温暖化」というのだ。「それに加えて、50~60年の準周期変動と呼ばれる気温の上下が発生する」という。
 「過去120年間の気温とCO₂の推移を見ると、気温は1910年から40年頃まで上昇を続け、40年を過ぎた頃から75年頃までは下降気味で上昇していない」。「しかし、CO₂は1946年、第二次世界大戦直後から急増している」という。

「つまり、46年以降75年頃まで、CO₂が一貫して増えたとは対照的に、気温は上がらなかった」という。「気温が上昇し始めたのは70年代半ばから」で、「この数十年単位の変動が準周気変動」である。そして、「98年から現在までの約10年間、CO₂急増にも関わらず、気温は下がり続けて」おり、「これから約20年間は、気温は下がる」というのだ。
 これらのことは、「地球の気温の研究では最も信頼されている英国のイースト・アングリア大学や米国商務省の海洋大気圏局の研究によっても裏づけられている」という。

 「温暖化の原因をCO₂だと信じ込み、CO₂削減に官民一体で膨大な資金を注ぎ込む国は、国際社会でも日本だけ」だという。
 「温暖化とCO₂には直接の因果関係がないことを示す現象が、かれこれ10年も前から起きて」おり、「少数」かもしれないが、「科学者らはそのことを指摘」してきた。
 確かに、一方向に向いがちである。反対の意見についても考えること、議論できること、検証できるということ、などなども大切にしないといけないだろう。

「小沢一郎が「進退相談」した相手は「鈴木宗男」だって」

 小沢一郎氏の秘書事件を「鈴木宗男代議士は、自民党政権延命のための国策捜査」と見ていたが、「佐藤優氏は、検察の青年将校革命」と見ているという。つまり、「自民も民主も腐敗」しきっており、「マスコミも政治に影響を与えられない」。それならば、「検察が主義を実現するしかない、ということで動いた」という。
 鈴木氏と佐藤氏の見解の違いはなぜか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)